セフレのメリットデメリットについて、
話をしていこうと思う。

セフレとは

セフレとは、
セックスフレンドのことで、
単純にセックスをするための、
女性の友達のことである。

恋人とは違い、
余計な束縛が無いのがセフレの特徴でもある。

セフレのメリット

では、
セフレのメリットについて、
話をしていこうと思う。

余計な縛りが無い

まずは、
余計な縛りが無いことである。

セフレは、
単純にお互いセックスするためだけに存在しているので、
基本的に余計な縛りが無い。

非常に自由な関係が、
セフレだといえるだろう。

時間やお金を取られない

次に、
時間やお金を取られないこと

これも、
セフレは恋人と比べて、
余計なデートや余計な出費が無く、
デートに関しても、
食事→ホテル
だったり、
直接ホテルに行くことが多いため、
余計な出費が少ない。

また、
余計な時間を取られることが無い。

複数人可能

最後に、
複数人可能であること。

余計な時間や出費が少ないので、
その気になれば、
セフレは複数人持つことが可能である。

セフレのデメリット

では、
次に、
セフレのデメリットについて、
話をしていきたいと思う。

トラブルになる可能性が高い

まずは、
トラブルにかる可能性が高いこと

というのも、
男性側であるあなたが、
この女性はセフレと思っていても、
女性側は、
セフレと思っていないことも多く、
そのような男女のすれ違いから、
様々なトラブルを生むことが多い。

ひどい時には、
女性側がストーカー化してしまう危険性もある

病気のリスク

次に病気のリスク

セフレに限らずだが、
不特定多数の女性とセックスをしていれば、
当然だが性病などのリスクは高まる

勿論、
セックスする相手を見極めることや、
コンドームなどをしっかりと着用することで、
性病感染のリスクを下げることが出来るが、
それでも性病のリスクは常につきまとうのがセフレのデメリットである。

将来性の無さ

最後に将来性の無さ

セフレに将来性は無い。

というのも、
もしあなたが相手の女性を魅力的だと思えば、
セフレでなく、
恋人であったりにしようとすると思うが、
そうではなくセフレにしている時点で、
将来性は皆無である。

実際問題、
セフレは時間と金の無駄である。

終わりに

人の価値観などにもよると思うが、
セフレはメリットよりも、
デメリットの方が大きいように思う。

確かに、
セックスが常に出来る女友達がいるということは、
一つのメリットだと思うが、
セフレに将来性は無いし、
セフレになっている時点で魅力的な女性でない可能性が高い。

また、
相手の女性がストーカー化するリスクもある。

もし、
セフレを作る場合は、
しっかりと相手の女性を見極めて、
お互いが少しでもプラスになるような関係を築くべきだろう。

セフレを作る際の3つのコツ