children-484955_640

モテる男になるためには、
必要な条件はいろいろあると思うが、
一緒にいて面白い男になることはかなり重要である。

面白い男とは

面白い男って何だろう?

凄く漠然としているが、
これは男性目線でも女性目線でもあまり変わらないだろう。

ご存知だとは思うが、
女性の中で、
付き合う男に求める条件の中でも、
1、2を争うくらい人気なのが、
この面白い人というもの。

2位は大体優しさとかである。

(まあ本音で女性が答えているかどうかはわかないが)

では、
一緒にいて面白い人ってどんな人だろうか。

個人的には、
“否定しない人“だと思う。

何でもかんでも否定するな

あなたの周りでもいないだろうか?

何でも否定する人。

いろいろと話をしていても、
他人の意見を認めることは無く、
「いや、俺は違うと思うな。」

とか、

「いや、それはないやろ。」

とかが、口癖になっている人。

これでは、
会話が広がらず、
盛り上がることも無いだろう。

そもそもこういう人は、
他人の意見を受け入れることが出来ないから、
人間としても成長することは少ないだろうし、
固い頭のまま凝り固まってしまうような気がする。

そういう考え方もある

まあこれは、
一種の慣れでもあるのだが、

とにかく、
何でもかんでも否定してしまう癖がある人は、
他人の意見を受け入れるクセをつけよう

世の中には、
いろんな人がいるし、

いろんな価値観がある。

自分と違った価値観を全て否定してしまっていては、
世の中つまらない。

自分と違う価値観だからこそ、
話をしていて面白いなと思うし、
その違った価値観は、
他の人との差別化にも繋がる可能性がある。

というか違った価値観の人と会話するからこそ、
会話は面白いのだ。

自分と違う世界の人を受け入れる

あなたにはあなたの価値観があるし、
私には私の価値観がある。

会話の中で、
重要なことは、
相手の価値観を理解し、
そして共感することである。

私のたとえで申し訳ないが、
以前、
元キャバクラ嬢の女の子と職場で話すキッカケがあった。

席が近かったことも有り、
(まあ結果的にその女の子とは価値観とか考え方とかが私と近かったのだけど)
かねてより、
キャバ嬢の生態に疑問を持っていた私は、
いろいろと彼女に質問責めしてみた。

どれくらいやっていたのかとか、
どんなお客さんがいたのとか、
No1だったのかとか、
仕事の内容とか、
夜の仕事はキツかったのかとか、
とにかく色々質問責めにした。

私の価値観では、
彼女の価値観を受け入れられないというか、
考えにくい部分もあったが、
そういう価値観もあったんだとか、
自分と違う考え方に、
かなり関心を持った覚えがある。

彼女の方も、
そこまで聞かれたことも無いらしく、
(まあ私の方も、空気をあえて読まずに聞きまくってたこともあったが)
かなりいろいろな話をしてくれた。

その後、
彼女とは仲良くなったのだが、
いつの間にか退職してしまい、
それっきりなのだが、

まあ何が言いたいのかと言えば、
とにかく自分と違った価値観を否定せずに、
受け入れることが出来れば、
それだけで相手は自分が認められたと思い、
親密な関係になれる可能性が高まるということだ。

(勿論、その女性との関係性や距離感にもよるが)

終わりに

面白い男という話題と少し脱線してしまったのかもしれないが、
とにかく他人の話は否定するクセは辞めるべきだ。

自分の成長するチャンスを見逃していることになるし、
何よりそんな人と一緒にいても、
全く楽しくない。

他人の話にすぐ否定してしまう癖がある人は、
ちょっとづつでもいいので、
なおすようにしよう。