list-800759_640

あなたにも経験があると思うが、
どこまでこの女性に対して積極的にいけばいいのだろう、
また、
どこまで押していいのだろう。

このように考えることは、
結構多いと思う。

今日はこのことに関して、
話をしていきたいと思う。

例えば

少しわかりやすく例を出せば、

初対面で相手に話しかけるとき
メールやLINEのアドレスをきくとき
デートに誘うとき
SEXに誘うとき
付き合うために告白するとき

まあこういうときに、
どこまで押していけばいいのか、
という悩みが出てくると思う。

全ては距離感

まあこのことは、
私のブログでは何度も言っていることだが、
全ては相手との距離感による。

つまり距離感次第で、
正解は異なる。

例えば、
全くの初対面で、
相手に話しかける時、

初対面で相手に話しかける時といっても、
様々だとは思うが、
例えばナンパをしたときと、
一緒の会社の女性に話しかけるときとでは異なるだろう。

ナンパなどの場合は、
相手との距離感や親密性などは、
限りなく0に近い
また相手の女性にとっては好感度が、
マイナスから入る場合もある。
(※一般的にはナンパでの出会いを嫌がる女性は多いため。
しかし逆にナンパでの出会いを男らしいと思い、
反応がいい女性もいる。)

故に、
距離感が遠いので、
あまり粘らずに、
ナンパでの出会いの場合は、
たくさんの女性に声をかけまくった方が効率はいいだろう。

逆に、
会社が同じ女性の場合。

これも相手との関係性にもよるのだが、
同じ会社ということで、
親近感があるし、
今後同じ会社でずっと一緒にいる可能性が高いことから、
相手との距離感はナンパなどの出会いに比べてかなり高い。

この場合は、
あまりしつこく絡むのはNGだが、
ある程度親近感があるので、
期間を置いて再度チャレンジしたりするなど、
粘ったりすることは重要であろう。

また当然だが、
あなたと相手の女性が、
初対面とかではなく、
ある程度親しい場合は、
より粘ることが重要になってくる。

相手の女性との親しみの深さに比例して
簡単に諦めない方がいいだろう。

女性に対して簡単に諦めないこと

まあちょっと話がずれてしまったが、
女性に対して簡単に諦めないことはかなり重要である。

というか、
かなりの人が簡単に諦め過ぎてしまっているような気がする。

まあ、今流行の?山本耕史と堀北真希との例までとはいかなくとも、
1回や2回断られたくらいで、
諦めるのは、早すぎるだろう。

あなたにも経験があると思うが、
女性側のタイミングなどの関係により、
今の時期はダメでも、
少し期間が空けば、
OKになったりすることもある。

簡単な例でいえば、
彼氏と別れた時などだろう。

彼氏と別れた後など、
今まで散々誘ってもダメだった女性が、
急にOKになることなど多々ある。

勿論、出会いを増やしていくことも重要なのだが、
出会いを増やしつつ、
気軽に接触できる女性を何人も持つことも重要だろう。

終わりに

いかなるイケメンだろうが、
全ての女性をオとせるわけでは無い。

様々な要因が複雑に絡み合い、
今はダメであっても、
少し期間を置いたり、
もう少しだけ、
押してあげれば、
意外に強固だと思っていた壁を突破出来ることもある。

一度や二度、
失敗したくらいで諦めることなく、
三度、四度、
相手との距離感を見極めて、
積極的に行動していくことも重要である。