体型について話をしていこうと思う。

勿論、
体型もその人の努力次第で変えれる部分である。

痩せ過ぎず、太り過ぎず

さて、
この体形の部分だが、
痩せすぎず
太り過ぎずということが基本になる。

その人の生まれ持った体質もあるので、
人それぞれ変わってくるが、
基本的には、
太りやすい人は、太り過ぎないようにし、
痩せやすい人は、痩せ過ぎないようにするというのが基本である。

基本は食生活

体型の部分でも、
まずは基本的な部分を見直してみよう。

まずは食生活
バランスよく食べているだろうか。

理想は一日3食(特に朝を食べるようにする)しっかりと食べ、
肉だけでなく、
魚や野菜もバランスよくとる

過度な間食は控え、
出来れば、
お酒もほどほどにする。

夜更かしをせずに、
朝は決まった時間に起きる。

このことだけでも、
今の体形からだいぶ変わることが出来る。

筋トレ

もう少し上のレベルを目指したい人は、
筋トレをすることをすすめる。

きっちりと筋トレを行うことにより理想の体型を手に入れることが出来る

筋トレにも、
正しいやり方があり、
そのやり方通りに進めれば、
理想の体型を手に入れることが出来る。

ただ、
基本的に規則正しい生活さえしておけば、
体型に関しては、
問題は無い。

お腹が、バッキバキに割れている必要は無いし、
無茶苦茶マッチョである必要もない。

というのも、これは人によって、
マッチョな人が好きという女性もいれば、
少し細身の男性が好きという女性もいるからだ。

ただ、自分の体型にコンプレックスがある人は、
それが自信の無さに繋がるため、
少しでも自分の理想の体型になれるように努力するべきであろう。

体型的に太りやすい人は、
積極的にダイエットをしてみる。

体型的に、太りにくい人であったり、
痩せやすい人は積極的に筋トレを取り入れ、
自分の理想の体型に近づくように努力すればいいだろう。

散歩

筋トレなどを継続することが難しい人は、
普段、歩くようにしよう。

会社員なら、
会社帰りなどに、
少し遠回りして家に帰るなどして、
歩くようにしよう。

歩くのは健康にいいし、
気分転換にもなる。

私も極力時間を作って
歩くようにしている。

健康にもよく、
思考もリセット出来て一石二鳥なので、
余裕のある人はよく歩くようにしよう。

吉岡ヒロのSSMTメソッド【独自特典付きレビュー】