sunset-691995_640

女性との出会い方には、
様々な出会い方がある。

リアルでの出会いであったり、
ネットでの出会い

そして、
街中での出会い

そこで今回は、
街中での出会い、
その中でもショップ店員との出会い(ナンパ)について話をしていこうと思う。

なぜショップ店員なのか

これは完全に私の好みである(笑)。

いや、好みも有るが、
それだけでは無い。

ショップ店員はナンパしやすい

勿論人によるだろうが、
ストリートナンパ、
クラブナンパ、
その他海外に行った時なども、
日本人留学生や、
外国の女の子をナンパしてきた私の経験からして、
ショップ店員はナンパしやすい

少しだけこのことについて、
話をしたいと思う。

なぜショップ店員はナンパしやすいのか

まず、
なぜショップ店員はナンパしやすいのかについて話をしたいと思う。

早く、
ナンパする方法を教えろという声がきこえてきそうだが(笑)。

これは、
ストリートでの声掛けナンパをイメージしてもらえば分かりやすいと思う。

例えば、
街中で声をかける場合。

まず、
基本的には、
というかほぼ100%こちらから声をかけなければならない

当たり前である。

そして、
外見しかその女性の情報が無く、
またどんな女性かもわからない。

それに、
ナンパという出会いを毛嫌いしている女性が非常に多いので、
必然的に成功率は落ちる。

何か共通点があったりすれば、
連絡先をきいたりしやすいと思うが、
(実際に、私が海外、アメリカに行ったときは、
日本人の女の子に声をかけるのは、
非常に楽だった。それは、
同じ日本人という安心感が有り、
海外での不安とかそういうのも影響していたからだと思う。
多分海外で声をかけていた、同じ女の子に日本で声をかけていれば、
無視されていただろうし、
連絡先をきくことも難しかっただろう。)

しかし、
ショップ店員は違う。

まず、店に入っている時点で、
私たちはお客さんである。

故に女性であるショップ店員は、
私たちと会話をする義務が生じる。

さらに、
ショップによっては、
向こうから話しかける必要が有り、
話しかけても無視されるという状況は基本有り得ない。

また、
ショップ店員は、
コミュニケーション能力が高い

故に、
非常に話がしやすく、
会話を続けやすい。

それに、
可愛い子やキレイな子が多い。

このことも、
ショップ店員ナンパのオススメの理由である。

また、
ショップ店員は一般的に男性との出会いが少ない職種である。

このことも非常にプラスである。

ショップ店員ナンパ術

ではここからショップ店員ナンパ術を話そう。

まずは、
店選びである。

ちなみにだが、
店員ナンパは若ければ若いほど基本的にはいい

ノリがいいからである。

年を取っていればいるほど、
ノリが悪く、
また責任感なども芽生え、
なかなか連絡先を交換しづらくなる。

なので、
基本的には、
若くてノリがよさそうな女の子を狙う。

バイトなどであれば、
なおいいだろう。

自分が好きな店

おすすめは自分が好きでよく服を買いに行く店などである。

やはりアパレルが無難である。

服を買うという目的で、
様々なコミュニケーションを取ることが出来るし、
何度も通うことが可能になる。

その他には、
携帯ショップなども有りだと思うが、
携帯ショップはなかなか店に通いにくい

なので、
極力、何度も店に通える店を選んだ方がいいだろう。

暇な時間に店に行く

これも重要なことである。

極力、
暇な時間に店に行くようにする。

例えば、
平日のお昼とかだろう。

土日の昼間もいいかもしれないが、
混んでいる可能性が高い。

また、
もし2回目以降、
同じ店に行くならば、
事前に電話して、
出勤時間をきいておくのもいいだろう。
(相手との距離感にもよるが。)

一回目は普通に仲良くなる

これもよく聞く話だと思うが、
ショップ店員をナンパするためには、
初めてその店に来店した時は、
まずは、その店員と仲良くなることが大切である。

まずは1回目の来店時に、
普通に仲の良い友達のように、
話せる関係になることが重要である。

また、1回目では、
普通に買い物をして帰るほうが印象がいい。

軽そうな女の子、
ノリがよさそうな女の子は、
ここで連絡先を書いた紙を渡せば、
普通に連絡先を交換できるだろう。

個人的には、
1回目は普通に買い物をし、
2回目か、
3回目に連絡先を交換するのがおすすめである。

店員側も、
2回目3回目の方が心を許しているだろうし、
1回目の時に買い物をしていれば、
私から商品を買ってくれたという、
感謝の気持ちも有るからである。

もし、
DM(ダイレクトメール)などで、
直筆のコメントが添えてあったりする場合は、
店員側が好意を抱いている可能性は高いだろう。

連絡先を交換する理由を作る

連絡先を交換する理由を作るのも大事である。

というのも、
普通にナンパみたいに連絡先を交換してしまえば、
ショップ店員は仕事なので、
仮に店員側が客側である私たちに好意を持っていても、
連絡先を交換しにくい。

なので、
連絡先を交換する理由を与えてあげる。

例えば、
服のことに関して相談したい
とか、
出勤日を知りたいから、
とか、
まあ何かと理由をつけて交換した方が、
連絡が来たり、
返ってくる可能性が高いだろう。

他には、
飽くまでもサラっと渡すのがコツである。

姿勢としては、
もしよければ連絡くださいとか、
暇だったら、連絡してねとか、
そんな感じである。

紙に書いて渡すのがベスト!

ちなみにだが、
経験上、連絡先は、
紙に書いて渡すのがベストである。
(もしくは名刺等)

というのも、
普通に考えて、
連絡先をきいて、
店中で、教えてくれる人は少ない。

お店を出る前に、
サラっと、
「もしよかったら、
今日、話しててめっちゃ参考になったし、
服のこととかいろいろ相談したいから、
気が向いたら
連絡ちょうだい!
めんどかったら、捨てといてええで!^^」

くらいの感じだろう。

サラっということがポイントで、
飽くまで向こうは仕事をしている状態というのを忘れてはならない。

失敗しても落ち込まない

ショップ店員ナンパに限らず、
ナンパ全体にいえることだが、
失敗しても落ち込まないことは重要である。

マインドとしては、
失敗しても当たり前という心構えが重要である。

勿論、
失敗したり、
連絡先を教えてくれなかったり、
返信が無いとショックを受ける。

これはどんな人でもそうだろう。

しかし、
そもそもナンパ自体が、
非常に難しい行為でもあるし、
仮に向こうがこちらに好意を抱いていても、
店側から禁止されていたり、
真面目な女性だと、
連絡先を交換出来ない可能性が高い。

なので失敗しても、
落ち込まずに、
何度もチャレンジする姿勢が重要である。

少しでも参考になれば幸いである。

1000人斬りの一流のナンパ師から女性の本質と女性の深層心理を学ぶ