合コンや飲み会での振る舞い方について、
話をしていこうと思う。

合コンや飲み会での振る舞い方

合コンや飲み会に行ってからも重要である。

まず、
基本は必ず女性と話すことである。

合コンに行って、
同性とばかり話していては、
何のためにコンパに行っているのかわからない。

必ず異性と話すようにしよう。

出来れば、
自分の好みの女性と話すのがオススメだが、
もし難しければ、
話しやすそうな異性と話してみよう。

 失敗して当たり前

はじめのうちは、
女性と話して、
緊張したり、
自分の思っていることを言えなかったり、
相手に自分のことを全く関心が持ってもらえなかったりするだろう。

しかし、
最初の内は失敗して当たり前なのだ。

どんな人でも最初は初心者である。

失敗して当たり前ということを頭に入れて、
女性と接していくようにしよう。

出会ってから次に繋げる

もし異性と話し、
ある程度仲良くなれたら、
必ず連絡先をきくようにしよう。

連絡先をきけなければ、
次に繋がる可能性が低くなる。

極力、
自分でその女の子の連絡先をきくようにして、
もし難しければ、
後日、別
の共通の知人からきくようにしよう。

またその時の合コンや飲み会の性質によるが、
もし同じコミュニティ内の飲み会等で、
(大学が一緒や、会社が一緒など)

今後、また飲み会があったり、
合う機会が多そうであれば、
そこまで、無理をする必要は無い。

もうこの飲み会が終われば二度と会う機会が無さそうな女性ならば、
積極的に行動を起こすようにしよう。

一番大切なことは慣れること

合コンやコンパ、
異性がいるところでの
何かの集まりに行くとき、
一番大切なことは慣れていることである。

こういうときどういう風に振る舞えばいいのかということや、
会話の内容など、
すべて慣れで解決出来る。

また高度な会話テクニックを使わなくても、
その場の雰囲気やノリ、
またその異性が自分と合うかどうかで、
ある程度、
親しくなることは出来る。

この段階では、
一歩を踏み出すことが何よりも重要である。

何度でもいうが、
始めからうまくいく人などいない。

みな、
経験を積み、
失敗し、
痛い思いをし、
そこから成長していくのである。

失敗の痛みを恐れ、
一歩目を踏み出せないものに、
成長は無い。

恐れずに、
一歩目を踏み出してみよう。