with

あなたは、
withという恋活アプリをご存じだろうか?

facebookやtwitterをされている方ならば、
一度くらいはwithの広告を見たことがあるかもしれない。

何度も何度も広告が出てくるので、
少し調べてみると、
withは女性に人気があり、
そこそこ口コミ評価もよかったので使ってみることにした。

せっかくなので、
withの使用感や、
攻略法などをレビュー
していきたいと思う。

withの最大のメリット

withの最大のメリットとして、
若い女性が多い

冗談抜きで多い

若い女性とは、
20代前半
(20~24)までの女性だが、
体感では、
登録人数の半数くらいが、
この20代前半の女性

逆に、
30代40代女性の数はあまりおらず、
若い人が多く、登録している恋活アプリになっている。

また、
withは、
facebook系の恋活アプリになっているので、
facebookを使っていて
なおかつ、友達が10人以上いないと使えない

登録人数

登録人数に関しても、
決して少なくはない。

というか多い。

地域によるかもしれないが、
私の地域だと、
普通にむちゃくちゃ女性はいる。

pairsに比べると、
登録人数は少ないが、
それでも、
普通に女性を探す分には不自由はしないレベルだろう。

料金

料金は、
月額2980円。

今(2016/11/08現在)は、
1か月無料キャンペーンをやっているので、
1か月間は無料で使うことが出来る

pairsよりも安い
(pairsは月額3480円)のも、
メリットのうちの一つだろう。

with攻略

withの攻略も、
他の恋活アプリと全く同じ。

プロフィールを充実させて、
女性にアプローチしまくる。

具体的には、
足跡を残しまくる

足跡を残しまくれば、
あなたのプロフィールが魅力的にできていれば、
そのうち何人かは、
いいねを押してくれるし、

また、
足跡を残してくれた女性に対して、
いいねを押せば、
そのうちの何人かの女性とは、
マッチングすることが出来るだろう。

目指すいいね数

withで目指すいいね数であるが、
月に20いいねは目指すようにしよう。
(もちろん、貰っているいいねは多ければ多いほどいい。)

withはpairsと違い、
女性とマッチングするだけでは、
いいねの数は増えない。

純粋に、
相手からもらったいいねしか、
いいねの数にはならないので、
pairsのようにいいねの水増しは出来ないが、

それでも、
withに登録している女性の人数が多いのと、
よくいいねを押しやすくなるイベントをやっているので、
女性からいいねが届く機会も多い。

プロフィールの充実について

いろいろなところで、
何度も話をしているが、
一応プロフィールの充実について、
話をしようと思う。

プロフィールの充実とは、
まず、プロフ写真を充実させること

withで一番最初に目に入るところが、
プロフ写真なのだから、
最も力を入れるべきところが、
プロフィールの写真である。

プロフ写真のコツとしては、
しっかりとあなたということがわかる写真であること。

また、
1枚だけでなく、
別の角度やシチュエーションなど、
複数枚登録しておくことをおすすめする。

極力、
自撮り写真は載せない方がよく、
第三者に撮ってもらった写真の方がいい

プロフィールに関しては、
埋めれる項目をすべて埋める。

しっかりと、
あなたという人間性がアピール出来るように、
プロフィール作成をしよう。

コミュニティに関しては、
とにかく女性受けすることを第一に考えて
コミュニティに入ろう。

また、
プロフィール作成に関してだけではないが、
とにかく女性受けを考えていく

趣味とかもすべて、
どうすれば女性受けがよくなるのだろうと、
考えていくことが、
恋活アプリで男性が勝つ秘訣である。

出来ればLINE交換

これも、
withに限ったことでは無いのだけど、
出来れば、
LINE交換をするようにしよう。

LINE交換をすることの最大のメリットとして、
LINE通話をすることが出来る。

また、
他の男性と、
LINE交換をあまりしていない女性であれば、
あなたがLINE交換をすることで、
他の男性と差別化を図ることが出来る

勿論、
無理にLINE交換をする必要は無いが、
出来れば、
LINE交換をしていた方が、
今後、有利に物事を進めれる可能性が高くなる。

LINE交換のコツとしては、
しっかりと相手の女性とコミュニケーションが取れてからの方がいい

相手の女性と
普通の友達のような感覚になったら、
LINE交換しても断られることは少ないだろう。

また、
LINE交換するときは、
相手のLINEIDなどを直接聞くのではなく
自分のLINEIDを伝えて、
送ってもらうようにした方が、
交換しやすい

デートの約束

ちなみに、
初回のデートは、
カフェなどがおすすめである。

カフェ代くらいは、
奢ってあげるようにしよう。

デートの誘い方のコツとしては、
これも、
普通に友達のようなノリになったら、
デートに誘うようにしよう。

友達だから、
会って話そう!
気が合うから、
会って話そう!

こんな感じのノリになったら、
デートを誘っても大丈夫だろう。

相手の女性が、
めんどくさくないように、
出来れば、
相手の家から遠くない場所
また、
初回のデートは、
夜ではなく、
昼間などの方がいい
だろう。

withのデメリット

withのデメリットとしては、
若い女性が多いこと。

まあ、
これをデメリットと感じる人は少ないと思うが、
本当に20代前半女性が多いので、
20代半ば~20代後半、
30代以降の女性をターゲットとする場合には、
pairsの方がいいだろう。

parisとの比較

pairsとの比較として、
まず、
料金はpairsよりも安い。

withは月額2980円だが、
pairsは月額3480円。

登録人数は、
pairsの方が多い。

また、
若い女性は、
withの方が多い。

アプリの使いやすさは、
pairsの方が上だが、
pairsは接続人数が多いので、
固まることが多いが、
withはそういったことは無い。

うまくいかなくても気にし過ぎない

また、
恋活アプリでもなくてもそうだが、
うまくいかなくても気にし過ぎないことも重要である。

ただでさえ女性は気まぐれだし、
また、
あなたに関心がなくなったからでなく、
めんどくさくなったから、
やり取りがなくなることもある。

プロフィールなどは、
手を抜かずに作りこむ必要はあるが、

ある程度のスパンで、
考えていくことも重要である。
基本的には、
2か月以上は、
使った方がいいだろう。

結論

20代女性
それも20代前半の女性をターゲットにする場合
pairsよりもwithの方が断然いい

今は、
withは認知度はそこまで大きくないが、
今後、さらに有名になってくると予想される。

pairsの人気を超えることはまずないと思うが、
pairsの次に人気のアプリになるだろう。

メンタリストのDaigoが監修ということも有り、
女性からの安心感や、
女性からの評判もかなりいい

今なら、
1か月無料キャンペーンをしているので、
登録だけでもしてみてもいいかもしれない。