woman-593141_640

ホメることは、
会話において、
かなり重要な部分である。

ホメられてイヤな人間はいない。
おだてるのはよくないが、
ホメるのは素晴らしいことである。

チャンスがあればどんどんホメるようにしていこう。

相手がこだわっているところをホメる

とはいうものの、
ホメるということは、
上級テクニックである。

女性と話すのに、
全く緊張しないレベルに到達してから、
実行するのが望ましいであろう。

相手をホメなれていない男性が、
無理に女性をホメようとすると、
ギコチナクなったり、
相手にとっては、
不快に思う人もいるので、
注意するようにしよう。

相手のレベルによってホメ方も変える必要がある。

例えば、
キレイな女性の場合、
ホメなれていることが多く、
ありきたりなホメ文句(キレイですね、可愛いですね等)を言うと、
「またそれか・・・」
となってしまい、
逆に評価を下げてしまうこともある。

なので、
相手を選んでホメなければならない。

その中でも使えるテクニックは、
相手がこだわりを持っているところをホメるということである。

自分がこだわっているところをホメられると、
素直にうれしいと感じる人は多い。

また、
この人は自分のことを良く見てくれているんだ
と、好意を持たれることも多いだろう。

勿論、これも相手との距離感
温度感、
その日の相手のテンションによって、
変えていかなければならない。

しかし、
ホメられてイヤな人間はいないのと、
相手がこだわっている部分は、
他の男にホメられていない可能性も高いので
あなただけのスペシャリティや
オリジナル感を演出することも出来る。

あなた自身を印象も付けやすいので、
おすすめのテクニックである。

効果的なホメる箇所

私のおすすめは
ネイルをホメる事である。

ネイルは手入れをするには時間も
かかるしお金もかかる。
また、こだわりを持っている人が結構多い。

そして、
ネイルをホメる男性はあまりいない。

ネイルをホメることによって、
「私はあなたのことをそこまで見ていますよ」
というアピールと
「ネイルの大変さがわかる男性ですよ、私は女性のことを理解できる男性ですよ」
ということも暗にアピール出来るのだ。

他にも、
持ち物をホメたり、
性格をホメたりも結構効果があったりするが、
私が実践して、最も効果があったと感じるのが、
このネイルをホメるというテクニックである。

是非実践してもらえたらと思う。