exchange-of-ideas-222788_640
会話は恋愛において、
非常に重要であり、
最も他の男性と差がつきやすい場所でもある。

会話を制する者が女性を制すと言ってもいいだろう。

勿論、
会話に関しては、
私も女性と接する上で、
最も気をつけている箇所である。

今でも、
女性との会話については勉強し続けている

会話力を上げない限り、
あなたが圧倒的にモテることもないし、
自分が惚れた女性を落とせるようになることも難しいだろう。

会話に関しては、
主に、書籍を読んだりもしたが、
私は実践でその能力を上げてきた。

基本的な部分から応用的な部分まで、
私が学び、そして実践してきた全てを包み隠さず話していこうと思う。

基本は女性に慣れていること

女性に対する慣れでも書いたが、
まずは女性に対して慣れてほしい。

この部分がきっちりしていないと、
会話術に進むのはまだ早い。

たくさんの女性と出会い、
女性に慣れることから始めて貰えたらと思う。

女性に慣れることで、
男友達と話しているような感覚で女性と会話出来るようになる。

このことは非常に重要である。

第一印象

まずは第一印象である。

第一印象はかなり大事である。
第一印象は、その人との出会いの中で、
一度しかない。

また、第一印象で悪印象を相手に付けてしまうと、
その後の巻き返しも難しくなる。

あえて、最初に第一印象を悪くして、
ギャップを狙うということもないことはないが、
基本的には、第一印象はプラスのイメージから入った方が楽である。
(相手が美人だったりする場合は、
あえて、全く関心の無いフリなどをして、
他の男と差別化をする場合もある。)

第一印象は、
自分から声をかける場合と、
相手から声をかけられる場合がある。

基本的に男性は、
自分から声をかけることの方が多いと思うので、
ここでは、自分から声をかけるパターンで説明していきたいと思う。

まずは、
上から声をかけないこと

女性に媚びる必要は無いが、
上から目線で声をかけない方が無難である。

※相手の女性や出会い方によっては、
上から目線で声をかけるということも一つのテクニックです。
例えば、ストリートナンパなどの場合は、
上から目線で声をかけた方が有効な場合もあります。
また相手が美人である場合、
上から目線で声をかけた方が喜ばれる場合もあります。

相手と話す場合、
相手が男性だろうが、
女性だろうが、
会話をするということは相手の貴重な時間を奪っているのだ。

そのことを深く意識して、
相手の女性と接するようにしよう。

相手のことをしっかりと考えて
最低限の見た目(外見)のマナーさえ守っていれば、
第一印象で、NGになることは少ないであろう。

それでもNGならば、
始めからその人とは縁が無いと思って、
他の女性に当たった方が早いであろう。