heart-700141_640

会話の中で相手の心を読みとることは重要である。
どういうことか説明しよう。

会話の中で相手の心を読むことの重要性

人間には、
ここまでは触れられても構わないが、
これ以上は踏み込んで欲しくないというラインがある。

たとえば、
初対面の人と話す時、
恋愛の話はOKだけど、
元彼の話はしたくない、
こんな感じだ。

このラインは人によって変わってくるが、
会話は常にこのラインを意識することが重要である。

なぜならば、
相手がもっと踏み込んでほしいときに、
踏み込んだ会話を出来なければ、
つまらない男になり、
踏み込んで欲しくないときに、
踏み込んで来られたら、
空気の読めない男
になるからである。

なので、常に会話の中で、
相手の心を探るために、
会話をするべきなのだ。

相手の心の動きに気を遣え

この相手の許容ラインギリギリを攻めるためには、
常に相手の動向に気を遣う必要がある。

しゃべりながらも、
相手の目線の動き、口調、表情、声のトーン、
すべてに気を遣い、相手の気持ちを予測していく。

この技術を習得するためには、
常日頃から、
自分の心の動きを観察することが重要
である。

どういうことかというと、
自分が会話している時も、
相手に言われて嬉しかったことや、
逆に言われて嫌だった時に、
どういう反応をしたかを覚えるのである。

たとえば、
自分が嬉しいことを言われたとき、
ついつい、
自分のことを話してしまったとか、

自分が言われたらイヤなことを言われた時は、
目を合わせて話せなくなったとか、
そういったことを記憶するのである。

そして、
その自分のデータに照らし合わせて、
相手の心を読み取り、
ちょうど、心地よいレベルで、
相手と会話を行うのである。

これがハマると強い。
会話で相手を楽しますことが出来るようになり、
話の面白い人という印象を相手に付けることが出来る。

常に相手の心を読み、
相手の精神状態に合わせて言葉をチョイスする癖をつけよう。