出会い

女性のデートの誘い方を説明しようと思う。

女性のデートの誘い方として、

直接会って誘う
電話で誘う、
LINE、
メールで誘う

の3パターンがあると思うので、
この3パターンに関して解説していこうと思う。

直接会って誘う

まず、直接会って誘う場合

直接会って誘うことのメリットは、
相手が断りづらくなることである。

電話やLINEで誘う場合と比べて、
直接会って言われると女性側も断りづらい

そして、
あなたの本気度が伝わりやすい

本気で好きな女性、
本気で誘いたい女性に対しては、
直接会って誘うことが理想である。

だが勿論デメリットもある。

それは、
断られた時のショックの大きさである。

面と向かって誘い、
断られてしまうと、
次に誘いづらくなる

あなたと女性との関係性にもよるが、
直接会って誘うことのデメリットも考えた上で、
女性を誘うべきであろう。

電話で誘う

次に、
電話で誘う場合

先ほどの直接会って誘うのと比べて、
少しハードルが下がる。

というのも女性側としても
直接会って誘うよりは、
断りやすくなるし、
かといってLINEやメール程断りやすいものではない。

個人的には、
電話で誘うことはオススメである。

※今だと、
LINE通話でも大丈夫です。

LINEやメールで誘う

次にLINEやメールで誘う場合。

これは、
ハードルが下がり一気に誘いやすくなるが、
あなたの本気度が女性側に伝わりにくいため、
断られる確率が高くなる

しかし、
断られてもショックを受けにくいため、
また何度か誘うことが可能になる。

女性をデートに誘う時に重要なこと

ここでも重要になってくるのが、
相手の立場に立って物事を考えるということである。

すなわち、
女性側の気持ちに立って、
どのような誘い方をすればいいのかを考えるのである。

女性とそこまで親しくないのであれば、
当然断りやすい状況にしてあげる必要があるため、
LINEや電話で誘った方がいいだろう。

また逆に女性側があなたに対して好意をある程度持っている場合は、
直接会ってデートに誘った方が喜ばれるかもしれない。

電話が好きな女性であれば、
電話で誘って上げた方が喜ばれるであろう。

また二人が付き合っていて、
凄く重要な話をしたい場合は、
直接会って誘った方が効果的かもしれない。

このように常に相手の立場にたって物事を考えていけば、
自ずと最善の選択肢は見つかるのである。

断られた後

断られた後も重要である。

基本的に一度断られた後は、
すぐにまた誘うことは避けた方がいい。

その女性との関係性にもよるが、
1週間以上、
間をあけた方が無難であろう。

また断られてもショックを受けにくいように、
誘うのも大事である。

自分がショックを受けやすいような誘い方をしてしまうと、
次に女性を誘いにくくなる。

これは私ルールだが、
三回までは断られても誘ってもいいと思っている。

しかし、三回以上はさすがにクドイ男になるし、
(その女性との関係性にもよるが)
ほかの女性に行った方が効率がいい。

なので、
三回まではチャレンジできると考えて、
デートの誘い方を考えるべきであろう。

追記 2017/12/27

あなたと誘う女性との関係性にもよりますが、
あなたが誘う女性とそこまで親しくない場合は、
相手に負担にならないようなデートがおすすめです。

具体的には、
夜のデートよりも昼のデートの方が、
そしてお金や労力を使うデートよりも、
お金や労力を使わないデートの方がいいでしょう。

個人的には、
初回のデートは、
駅前などのカフェなどのデートがおすすめです。