studio-660806_640

美人との会話について、
話をしていきたいと思う。

美人も一人の女性

まず大前提として、
美人も一人の女性である。

美人だからと言って、
特別凄い能力を持っているわけでは無い

まずはこのことを自覚しよう。

そして、
美人と対話する時は、
美人に慣れていることが重要である。

美人は本当になんてことない。

ハッキリ言って、
生まれたときに、
顔のパーツが良かったり、
パーツの配置が良かったり、
また生まれた時代や場所がよかっただけだ。
(特に時代や場所によって、
美しいキレイという価値観は異なるため。)

美人だからと言って、
何の気おくれもする必要は無い。

美人と他の女性との違い

美人と他の女性との違いは、
美人は美人と言われてきて育ってきているので、
美人と自覚している人が多い。
(美人と自覚していない女性もいる。)

故に、
自分に自信がある。

ただそれだけである。

別に美人だから、
頭がいいわけではないし、
仕事が出来るわけではない。

ただ、
美人がゆえに、
男にはモテてきた。

だから、
男には慣れている

そしていろんな男を知っている

ただそれだけである。

まずは美人に慣れろ

まずは、
美人に慣れる。

ここでいう美人はあなたが美しいと思う人でいい。

徹底的に、
美人に慣れて、
美人コンプレックスをなくすのだ。

美人に慣れるために、
合コンや飲み会などで、
自分が一番可愛いと思った人と必ず話すようにしよう。

最初のうちはなかなか緊張してうまくいかないと思うが、
美人と話をしていると、
だんだん慣れてくると思う。

そして気づくときがくる。

「美人も普通の子も同じだ」と。

別に美人だからと言って、
考え方が女の子らしいわけでもない。

ハッキリ言って美人だろうが、
美人で無かろうが、
女性は女性である。

理想は美人だろうが美人で無かろうが、同じように喋れること

慣れさえすれば、
どれだけ自分がタイプの女性だろうが、
全く緊張せずに話すことが出来るようになる

恋愛はある意味、
確率論である。

たくさんの女性に出会っていれば、
あなたのことを良く思わない人もいれば、
あなたのことを良く思う女性もいる。

一人の女性に固執しないで、
美人を狙う時もたくさんの美人を狙った方がいい

たくさんの美人と接する中で、
あなたに合う美人のタイプも見つかるだろうし、
あなたとは合わない美人のタイプも見つかるだろう。

恋愛における基礎が完成していれば、
後は確率論である。

自分と合いそうな美人と
連絡を取り続ければ、
あなたが思う美女を抱ける日も近いだろう。

終わりに

恋愛は実践が命

失うものは何もない。

恐れずにガンガン美女に話しかけよう。

誰もが振り返るような美女を口説く方法