キスをするまでの流れについて、
話をしていきたいと思う。

キスをする上で重要なこと

まず、
キスをする上で重要なことは、
相手の女性に男性として、
見られているかどうかである。

相手の女性に、
男として、
見られていないと、
いかなるテクニックを使っても、
キスをすることは出来ないので、
覚えておいてもらえたらと思う。

逆に、
相手の女性に男として見られていれば、
キスのハードルは著しく下がる。

キスOKのサイン

キスOKのサインとして、

・関節キスOK
・手を握れる
・スキンシップOK

などがある。

逆に、
関節キスが出来なかったり、
手を繋ぐことが出来ない、
スキンシップがうまく取れない状況だと、
キスをするのはまだ早いということだろう。

雰囲気を作る

キスをしやすい雰囲気を作ることも重要である。

例えば、
・オシャレなバーに行く
・昼ではなく夜にする
・お酒を飲んでいる
・周りにあまり人がいない
・お互いの家

などである。

真昼間のファミレスでキスをするよりも、
雰囲気のある深夜のバーの方が、
キスはしやすいということ。

雰囲気も重要である。

清潔感

後は、
清潔感

口臭とかの問題。

清潔感が無い男性と、
女性はキスをしようとは思わない

基本ではあるが、
注意するようにしよう。

初めは軽いキスから

後、いきなりDキスをしようとしないこと。

初めは軽いキスから

相手も慣れてくれば、
徐々に深いキスにしていくようにしよう。

付き合わなくてもキス出来る

ちなみにだが、
付き合っていなくてもキスは出来る

あなたが、
男として見られていれば、
雰囲気やタイミングさえ間違わなければ、
その女性とキスをすることは十分に可能。

結論

結局はあなたが男性として、
女性に見られているかどうかによる。

男として相手の女性に魅力的に思われていれば、
いかなる状況、シチュエーションだろうが、
キスをすることは可能。

雰囲気を作ることも大事だが、
男として女性に見られるような言動をしていくことが最も大事。