SEXをした後とSEXをする前の女性の違いについて、
話をしていこうと思う。

SEXした後とSEXする前の違い

よく聞く話だと思うが、
男と女では、
SEXした後と、
SEXする前は、
全然違う

まあ簡単に言うと、

男はSEXをする前がストーカー

女はSEXをした後がストーカー

である。

実体験

どんなに相手の女性が自分に関心があったとしても、
SEXをするまでは男性側が、
必死にSEXするまでもっていこうとする。

しかし、
SEXした後は、
その立場が逆転し、
女性が必死に男性の心をつなぎとめようとする。

よく言われている話だし、
実体験でもこれは本当にそう思う。

また、
あなた自身もこのような経験があるかもしれない。

なぜこんなことが起きるのか

これは、
男と女の違いによる。

女は、
SEXをするまでのハードルが男に比べて高い
(女性にもよる。)

男性は、
割りかし、
誰とでも自分がタイプの女性であれば、
どんな女性とでもSEX出来ると思うが、
(これも男性にもよる。)

女性はそうではない。

基本的に、
選びに選んで男性をチョイスしている。

ゆえに、
女からすれば、
SEXをさせた男は特別であり、

また、
自分がSEXをさせたのだから、
この男は間違いなくいい男だ

もし、
いい男でなければ、
私の判断が間違っていたことになり、
それは認められない

となる。

は、
自分の間違いを素直に認めることが出来ない生き物だからだ。

結論

本当に好きな女性であれば、
すぐにでもSEXをするべき。

なぜならば、
女は好きな男とSEXをするのではなく、
SEXをした男を好きになるからだ

世の中では、
付き合ってからSEXをするということが、
常識になっている。

勿論、
倫理的な観点から言えば、
それは大正解なのだけど、

生物学的な観点から言えば、
先にSEXをしてしまった方が、
女性の心をコントロールしやすい。

本当に好きで、
ずっと一緒にいたいと思うような女性相手こそ、
セックスを早めに済ませておくべきだろう。

好きな女性と簡単にSEXをする8つのテクニック