少し変わったタイトルだと思うが、
今回は、女性を惚れさせるのは難しいということについて、
話をしていきたいと思う。

※音声ファイルでも紹介しています。
よろしければこちらもどうぞ。

第一印象は既に決まっている

男性も女性もそうだと思うが、
第一印象というのは、
出会った瞬間に決まる。

そして、
第一印象で初めて出会った相手に対して、
好意を持てるかどうか、
ありかなしかを瞬時に判断する。

その判断で、
なしに分類されれば、
基本、
ひっくりかえすことが難しい。

勿論、
恋愛力がある人が、
長くその人と接する機会があれば、
逆転することもあると思うが、
基本的には、
第一印象を変えることは難しい。

自分に好意がある人から優先して

あなたの今のレベルにもよるだろうが、
基本、
自分に好意がある女性を狙っていく方がいい。

その方が、
オトしやすいし、
うまくいく可能性が高い。

特に恋愛活動初期の段階では、
オトしやすい女性を狙って自信をつけていく方がいいだろう。

あなたに、
ものすごい武器(魅力)があれば、
自分が狙った女性を一本釣りしてもいいかもしれないが、
一本釣りは難しい。

相手の精神状態に依存することが多いし、
相手の自分に対する好意は、
自分の力では絶対に操作出来ないからである。

うまくいっていない人は特に

特に恋愛活動がうまくいっていない人は、
この一本釣りにこだわっているのではないだろうか。

そもそも私たち男性が、
好きとかいいなと思う女性は、
ルックスがよかったり、
胸が大きかったり、
見た目がタイプだったり、
そんなレベルだと思うので、
一人の女性に執着する意味は全く無い

それだったら、
少しでもオトしやすい(あなたに好意がある)女性を狙ったほうが、
恋愛活動における、
モチベーションも維持しやすくなるし、
うまくいく確率も高くなる。

なんせうまくいっていないとモチベーションが維持出来ず
どんどんと悪循環にハマっていく

キレイな女性、
美人な女性を、
オトしたいという気持ちは分かるが、
まずは、
オトしやすそうな(自分に興味・関心がある)女性をオトせるようになり、
恋愛に関する経験値を積んでから
美人、美女(自分に関心が薄い女性)に挑んでいく方がいいだろう。

自分に関心がある女性をオトす方が、
自分に関心がない女性をオトすよりも、
よっぽど簡単というお話。