ノンバーバルコミュニケーションという言葉をご存じだろうか?

ノンバーバルコミュニケーションとは、
非言語コミュニケーションのことで、
要は、
言語(言葉)以外の、
コミュニケーション能力のことである。

メラビアンの法則などという言葉も、
有名だと思うが、
メラビアンの法則とは、
人間の印象は、
話の内容で決まるのではなく、
その人が持っている雰囲気などで決まるというものである。

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。

参照:メラビアンの法則 – Wikipedia

恋愛活動においても、
このノンバーバルコミュニケーションを使っていくことが、
非常に重要になってくる。

第一印象

例えば、
第一印象

私たちが恋愛活動を行う上で、
必ず第一印象が存在する。

ストリートナンパであれば、
女性に声をかけて、
女性があなたの方を見た瞬間

出会い系サイトなどであれば、
女性とアポを取り、
初めて女性と出会う瞬間だろう。

この第一印象は、
実際あなたの言葉よりも、
見た目、
つまりあなたの雰囲気だったり、
が非常に重要になってくる。

もし恋愛活動を頑張っていて、
なおかつ様々なことを学んでいるのに、
なかなか結果が出ない人は、
このノンバーバルコミュニケーション能力が低い可能性が高い

ノンバーバルコミュニケーションの鍛え方

では、
ノンバーバルコミュニケーションの鍛え方について、
話をしていこうと思う。

ノンバーバルコミュニケーションを鍛えるためには、
実際にたくさんの人と出会って会話をし、
地道に磨いていくしかない

見た目などの外見は、
割と早く、
向上することが出来るが、
第一印象の雰囲気の良さであったり、
あなた自身の明るさであったりは、
一朝一夕で身につくものでは無い。

たくさんの人と、
実際に会話を交わすことにより、
磨かれていくものである。

私の場合

ちなみに私の場合は、
コミュニケーション系のセミナー(NLP)などに出席したり、
心理系の書籍を読みながら、
また、
実際にたくさんの人間と出会うことで、
ノンバーバルコミュニケーションを磨いていった。

勿論、
女性だけでなく、
たくさんの男性とも出会った。

飲み会などにも、
積極的に参加し、
(合コンとかではない普通の飲み会。)
とにかく、
様々な人と会話をし、
雰囲気がいい人の特徴などを、
自分に取り入れれそうならば、
取り入れ、
コピーしまくった。

また、
信頼出来そうな、
実際に雰囲気がよさそうな人がいれば、
自分のダメなところをきいたりもした。

無論、
女性にも積極的に聞き、
過去にはボロクソ言われたこともある。

そうやって、
地道に自己を改善し、
ノンバーバルコミュニケーション能力を磨いていった。

恋愛活動において

恋愛活動においてだと、
特に女性のフィードバックが欲しいところだ。

例えば、
実際に、
街中で声をかけた女性と仲良くなれば、
いろいろ自分のことに関して聞いてみる。

仲の良い、
女友達がいれば、
自分のことをきいてみる。

ショップ店員の女性などと仲良くなり、
自分のことをきいてみる。

などが、
現実的な手段であろう。

また、
Pairsなどの恋活アプリをやり、
女性からのいいねの数を測り、
自分の見た目や女性からの印象などをチェックするのもいいだろう。

終わりに

ノンバーバルコミュニケーションは非常に重要である。

現状、
あなたの恋愛活動がうまくいっていない場合、
ノンバーバルコミュニケーションに問題がある可能性が高い

見た目などの外見は、
直ぐに改善することが出来るが、
実際に会った時の、
雰囲気の良さや、
安らぎを与えるなど、
そういった部分は、
簡単には身につくことは無いが、
地道に実践と反省を繰り返せば、
徐々にだが、
力が磨かれていくだろう。

ノンバーバルコミュニケーションを鍛えるためには、
とにかくいろんな人と出会うことが重要