女性とホテルに行ってからも重要である。

女性とホテルに行ったからといって、
相手の女性と100%セックスが出来るわけでは無いからである。

女性が、
ホテルに着いてからも、
グダり出す可能性もあるからだ

ホテルグダというやつである。

そこで、
女性とホテルに行ってから気をつけることについて、
話をしていきたいと思う。

余裕を見せること

まず初めに、
余裕を見せることである。

特に、
ホテルに着いたからといって、
すぐに行動にうつさない方がいい。

相手が上着などを着ていれば、
上着をハンガーにかけてあげたり、
などの配慮もした方がいいだろう。

また、
直ぐに、
ボディータッチなどを始めるのでは無く、
(相手との関係性にもよるが。)
少し雑談などをしてから、
徐々にボディータッチなどに入るのがいいだろう。

シャワーを浴びること

次に、
相手の女性が望むのならば、
シャワーを浴びること。

これも、
相手の女性の考え方などにもよるのだけど、
余裕があれば、
シャワーなどを浴びてからセックスしてもいいだろう。

また、
相手の女性が嫌がらなければ、
一緒にシャワーに入ったり、
お風呂に入ったりするのもありである。
(一緒にお風呂に入るのは、
嫌がる女性も多いので注意が必要である。)

電気を消す(暗くする)こと

そして、
最後に、
電気を消す(暗くする)こと

基本的には、
セックスをする際は、
電気を消した(暗くした)方が、
女性に喜ばれることが多い。

セックスをする前には、
電気を消す(暗くする)ようにしよう。

終わりに

重要なことは、
とにかく余裕を持つことと
相手への気遣いを忘れないことだ。

特に、
相手の女性と初めてセックスするときなどは、
余裕を持って行動するようにしよう。

また、
ホテルに行ってからや、
セックスをする前の雰囲気づくりなども、
慣れの部分が多く、
数をこなすことによって、
慣れていき上手になっていくことも多い。

最初のうちは、
うまくいかないことも多いと思うが、
もし女性とホテルに行った後、
セックスすることが出来なかったとしても、
深く気にせずに、
その反省を次に行かして、
同じ過ちを繰り返さないことが重要である。